メイクをオフするための「クレンジング」と、お肌の皮脂汚れやホコリなどを落とすために行う「洗顔」。

 

この2つの洗顔を行うことをダブル洗顔と言います。

 

「2回洗顔をすることをダブル洗顔と言う」と間違った認識でいる方も多いのですが、ダブル洗顔は「クレンジング」と「洗顔」のことですので、その点はお間違いのないよう(^_-)-☆

 

さてこのダブル洗顔。
乾燥肌や敏感肌の人は敬遠しがちですよね。

 

ただでさえ洗顔はお肌に負担になるのに、2回も行う必要性があるの?と思っている方も少なくないかもしれません。

 

ですが、やはりダブル洗顔は必要なものです。

 

というのも、ダブル洗顔をしなければ油性である“メイクや皮脂”と水性である“汗やホコリ”の両方をキレイに落とすことが難しく、いずれの汚れもお肌に残ってしまえば更なる肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

 

敏感肌さんや乾燥肌さんが懸念する“皮脂やうるおいの落としすぎ”ですが、これはお肌に負担の少ない製品を選ぶことや洗い方に気をつけることで、幾分避けることが可能です。

 

また肌乾燥や敏感肌の場合は特に洗顔後の保湿が重要になってきますが、洗顔が十分でないために肌表面に汚れが残ってしまい、基礎化粧品の浸透が悪くなっていることも考えられます。

 

最近では「ダブル洗顔不要」をうたった洗顔料が多く販売されているため、クレンジングと洗顔を別々に行う必要性がないように思ってしまいがちですが、やはりお肌を清潔に保つためにはダブル洗顔が必要です。

 

お肌の専門家たちもダブル洗顔の必要性について数多く言及されているので、クレンジングと洗顔料を使った洗顔法を行っていくことをオススメします◎

カラダの内側からシミをケアする“美白食材”とは?!

シミは基礎化粧品でケアをしていくことも重要ですが、毎日の食事にも気を配ることも大切!

 

サプリメントを摂るのも良いですが、やっぱり食材から摂る栄養に敵うものはありません◎

 

ここでは、そんなシミ対策にオススメの“美白食材”についてまとめていきたいと思います♪

 

@ビタミンC
言わずと知れた美白栄養素のビタミンC!
ビタミンCは熱に弱いので、なるべく生のまま摂取することをオススメします。

 

<赤ピーマン/レモン/イチゴ/柚子/パセリ>

 

AビタミンB2
ビタミンBは肌代謝をUPさせ、ターンオーバーを正常に行うために欠かせない栄養素です。
お肌の代謝を高めてメラニンの排出をサポートしましょう♪

 

<レバー/うなぎ/ニンニク/納豆/いくら>

 

Bエラグ酸
ポリフェノールの一種であるエラグ酸。
エラグ酸は、その高い抗酸化作用によってお肌の老化を抑制するだけでなく、メラニンを抑制する効果も併せ持つすぐれた栄養素です◎

 

<ラズベリー/イチゴ/ザクロ/くるみ>

 

Cリコピン
リコピンはビタミンEの100倍もの抗酸化力を持っており、メラニン生成を抑える効果があるといわれています◎

 

<トマト&ミニトマト/すいか/ピンクグレープフルーツ>

 

他にもアスタキサンチン(いくら/鮭)や、シミ対策サプリにも配合されているL-システイン(大豆/蜂蜜)もエイジングケアに有効な栄養素です。

 

これらの食材を3食の中に工夫して取り入れ、積極的に食事からシミ対策を行っていきましょう(^_-)-☆

関連ページ

鵜呑みにしちゃダメ!正しい知識をもって美容情報を見極めよう♪
美容情報を見極めることの重要性をまとめました。
炭酸コスメはどれでも一緒?意外と知らない正しい商品選びとは?
炭酸コスメの選び方を紹介しています。
ハイドロキノンはなぜ危険?【"リスク"に迫る!】
ハイドロキノンのリスクについてまとめています。