ハイドロキノンのリスクに迫る!

ハイドロキノンは2001年に薬事法の改正が行われるまでは、医療機関でのみ使用することが許されていた美白剤です。

 

高い効果が期待できる反面、使用量や使い方を誤ってしまうと“危険な薬”になってしまうのは、過去に規制があったことを見ても明らかです。

 

薬事法が改正されてからはドラッグストアやネット通販サイトなどでも流通されるようになり、手軽に入手できるようになりましたが、だからといってリスクがゼロになったわけではなく、現在でもトラブルが起こらないようしっかり個人個人が注意して使用するよう勧められています。

 

でも…ハイドロキノンの何がそんなに危険なのか。
まずはその点を知っていく必要がありますよね(*^_^*)

 

例えばこのハイドロキノン、非常に酸化しやすい性質をもっているのです。

 

そのため、お肌に塗って紫外線にでも当たろうものなら、酸化が加速してシミが濃くなってしまう場合があります。

 

またハイドロキノンは、メラニンをなくす作用によってシミを改善していくものですが、お肌を紫外線から守るためのメラニンが少なくなってしまっては紫外線ダメージをもろに受けることになってしまい、それではお肌への負担は計り知れません。

 

メラニンは本来、紫外線から肌を守り、皮膚ガンなどのリスクを下げるためのものでもあります。

 

すなわち、メラニンの少ない状態で紫外線を浴びることは皮膚ガンのリスクを高めることにも繋がりかねないのです。

 

また、高濃度のハイドロキノンを使い続けたり、過剰に塗ってしまうことで白斑症状が起こる場合もあります。

 

このように、ハイドロキノンは正しい使い方や正しい量を守らなければお肌に逆効果となる可能性のある、慎重に使うべきアイテムです。

 

ハイドロキノンの使用を検討されている方は、どのようなメリットがあり、どのようなリスクがあるのかを徹底的に調べてから使用することをオススメします◎

 

関連ページ

鵜呑みにしちゃダメ!正しい知識をもって美容情報を見極めよう♪
美容情報を見極めることの重要性をまとめました。
【ダブル洗顔する?しない?】意外と知らないダブル洗顔の必要性!
ダブル洗顔を推奨するワケをまとめました。
炭酸コスメはどれでも一緒?意外と知らない正しい商品選びとは?
炭酸コスメの選び方を紹介しています。